INFORMATION

インフォメーション

アンダーズ サロン

「魅せる和菓子」を手掛ける菓道家『三堀 純一』と初コラボレーション!

世界中のアンダーズで開催される、参加型ソーシャルイベント「アンダーズ サロン」

アンダーズ 東京

アンダーズ 東京 / Andaz Tokyo Toranomon Hills(総支配人:ロス クーパー、 所在地:東京都港区虎ノ門1-23-4)は、煉切(ねりきり)の持つ表現力に惹かれて、自らの煉切の作法パフォーマンスを「菓道」とし、国内外を問わず活躍する菓道家「三堀 純一(Mitsubori Junichi)」とコラボレーションする、アンダーズ サロンを2018年9月3日(月)に開催いたします。

アンダーズ サロン

アンダーズ サロンについて
“アンダーズ サロン”は、ゲストや地域の方々がその土地ならではの文化的な体験ができる場を提供するイベントで世界中のアンダーズで開催されています。アンダーズ 東京はクリエイティブな個性が集い、共に働き、共に遊ぶ空間として、従来にはない新しい流れを生み出し、ゲストの感性を刺激する場所でありたいと考えています。アンダーズ サロンは、そのコンセプトをまさに象徴する参加型のソーシャルイベントで、あらゆる分野を通して多様な才能、様々な芸術が交差し、お互いが情熱や想像力を分かち合い、クリエイティブな思考や才能を育み、結びつけるコミュニケーションの場(Venue)として刺激的な体験を提供しています。

これまで、日本の伝統技術やカルチャーに影響を受けたフランス人アーティストや写真家、オリジナルな世界観が魅力の水墨画家や盆栽師など、アート、音楽、ファッション、映画などをテーマに、様々なアーティストや団体とコラボレーションを行い、定期的に開催してまいりました。今回のアンダーズ サロンでは、日本の伝統文化である「和菓子」の持つ美しさ、芸術性をこれまでにない独自の手法や演出にて伝え、世界を舞台に活躍している『菓道家』 三堀 純一氏とのコラボレーションが実現しました。

 

アンダーズ サロン 開催概要
ゲスト:菓道家 三堀 純一
日 時:2018年9月3日(月) 19:00~20:30
18:30~   受付開始
19:00~   開演
ライブパフォーマンス/トークセッション
19:45~   カクテルタイム
20:30    終了
場 所:アンダーズ 東京51F ギャラリー(東京都港区虎ノ門1-23-4)
申込み:参加をご希望の方はtokyo.pr@andaz.comまでお問い合わせください。

 

菓道家 「三堀 純一」とコラボレーションした背景
アンダーズ サロンは、アーティストの作品紹介に留まらず、アーティスト本人の人生論や発想の根源にある思想にも注目しています。三堀氏は、和食が無形文化遺産登録されたことをきっかけに、海外でも人気を博している「和菓子」を従来の商業ベースの実演とは異なる、創る所作をアートに昇華させた「菓道」の第一人者です。茶の湯の世界より派生した「和敬静寂」の精神に基づく「おもてなし」の心を以って、味覚と視覚に加え、道具を取る音や世界観を引き立たせるサウンドなど聴覚でも楽しめる魅せる和菓子のパフォーマンスは、日本の伝統を大切にしながらも、これまでにない独創的で刺激的なものになっています。このような三堀氏の活動とアンダーズの地域の魅力を大切に、枠にとらわれないクリエイティブで刺激的な体験を提供するというコンセプトがマッチし、今回のコラボレーションにいたりました。三堀氏の刺激的なアート作品の独自性や息をのむほど繊細な和菓子との邂逅は、刺激的な体験となることでしょう。

<プロフィール>
菓道家 三堀 純一Mitsubori Junichi
一菓流菓道家 家元、日本スイーツ協会理事

菓道家 三堀 純一Mitsubori Junichi

1974年 神奈川県横須賀市生まれ。1995年に東京製菓学校和菓子本科を卒業後渡米。2002年にロイヤルロザリオ授章。2010年には「TVチャンピオン和洋菓子職人決戦」にて優勝し、その後2015年に「菓道 一菓流」を開派。2016年に日本スイーツ協会理事に就任。
日本の伝統食文化である「和菓子」の持つ芸術性を「和菓子文化」として世界に普及すべく、茶道の御手前のように「所作」をアートへと昇華させ、和菓子の持つ「詫び寂び」を伝える伝道師として、パリ、ワシントン、香港、上海、ホーチミン、バンコク、シドニー、ニューヨーク、ロサンゼルスなど世界を舞台に活躍している。
URL: http://ichi-ka.jp/

<アンダーズ 東京について>
ハイアットが手がける日本初上陸のライフスタイルホテル「アンダーズ 東京」は、地上52階建ての「虎ノ門ヒルズ」の47-52階に、2014年6月に開業しました。8室のスイートを含む164のいずれの客室からも東京の素晴らしい眺望をお楽しみいただけるほか、オールデイダイニングやバー、ユニークなイベントスペース、チャペル、スパ&フィットネス施設を備えます。デザインはトニー・チー氏とSIMPLICITYが手がけ、ホテルに日本の文化や心地よさを取り入れています。 また世界中のアンダーズに共通し、自由でクリエイティブな才能が集う「アンダーズ サロン」も、今後継続的に開催していきます。アンダーズ 東京に関する最新情報はwww.andaztokyo.jpまたはwww.facebook.com/AndazTokyoでご確認ください。

<アンダーズについて>
ヒンディ語で「パーソナル スタイル」を意味し、グローバルな視点でその国の都市や文化と個性を尊重した、ハイアットのラグジュアリー ライフスタイルホテル「アンダーズ」は、徹底したおもてなしとシンプルかつパーソナルなサービスとともに、今までと違うホテル体験を提供しています。アンダーズはその国や都市の特性を積極的に採り入れながら、ゲスト一人ひとりがご自身のスタイルで快適に過ごせるように、刺激的でありながらもさりげない空間を創造しています。 2007年に誕生した最初のアンダーズ ロンドン リバプールストリートをはじめ、現在では、ナパ、サヴァンナ、ウェストハリウッド、ニューヨーク(フィフスアベニュー、ウォールストリート)、サンディエゴ、スコッツデール、マウイ、オタワ、パパガヨ、マヤコバ、アムステルダム、シンガポール、ニューデリー、上海、東京で17軒のアンダーズホテルを運営しており、今後も、ミュンヘン(ドイツ)、ウィーン(オーストリア)、パームスプリングス(米国・カリフォルニア)、台北、バリ(インドネシア)、三亜(中国)、ソウル(韓国)、アブダビ(アラブ首長国連邦)等で開発が進んでいます。 詳しくはwww.andaz.com をご覧ください。

関連記事一覧