挟むタイプストッパー

今回ご紹介するストッパーは今迄御紹介していたタイプと違い       「両サイドから挟み込んで留める」タイプのストッパーになります。

櫛状のストッパーより痛くなくこのタイプをご使用しているユーザーは多いです。

又、櫛状のストッパーより自毛の保護ができる(抜けにくい)傾向があります。

このストッパーは仕入れたくても仕入れにくい業者で取り扱っている会社はごくわずかです。

関連記事

おすすめ記事

  1. 医療用ウィッグのメニュー化をお願いいたします。

  2. ウィッグ、医療用かつらのスタイルチェンジ

  3. アイスリィー、ウィッグ技術者派遣 。美容室でウィッグを。

  4. 自毛を使ってウィッグを作成できます。

  5. ウィッグメンテナンスルーム

  6. こんなオーダーも・・・

ピックアップ記事

  1. 私たちもウィッグ植毛します。

  2. 初めての増毛。

  3. ウィッグ、医療用ウィッグ、ヘアピースの取り扱い。

  4. 横浜の美容室でウィッグの説明とお客様対応

  5. ウィッグの皮膚。

  6. 新潟の美容室でウィッグの相談

店内パノラマビュー

営業時間・情報

0120-58-1658
10:00 - 19:00
火曜日が定休日となります。
PAGE TOP