挟むタイプストッパー

今回ご紹介するストッパーは今迄御紹介していたタイプと違い       「両サイドから挟み込んで留める」タイプのストッパーになります。

櫛状のストッパーより痛くなくこのタイプをご使用しているユーザーは多いです。

又、櫛状のストッパーより自毛の保護ができる(抜けにくい)傾向があります。

このストッパーは仕入れたくても仕入れにくい業者で取り扱っている会社はごくわずかです。

関連記事

おすすめ記事

  1. ウィッグの皮膚感

  2. ウィッグを作成する人毛の価値

  3. 今話題の増毛方法

  4. ウィッグ、かつら、増毛技術の勉強会。

  5. 弊社モデルの武田さんがシャンプーシーンを公開しています。

  6. 青森で、ウィッグ、医療用ウィッグ、増毛のメニュー化講習。

ピックアップ記事

  1. 空飛ぶウィッグ・・・。軽いウィッグへの挑戦。

  2. 新潟の美容室でウィッグの相談

  3. 他社ウィッグ、かつらの修理、お直し。

  4. かつら、ウィッグの卸し。

  5. ウィッグの形状記憶毛髪の真意

  6. ウィッグ、女性用ヘアピース。軽さへの挑戦・・・。

店内パノラマビュー

営業時間・情報

0120-58-1658
10:00 - 19:00
火曜日が定休日となります。
PAGE TOP