挟むタイプストッパー

今回ご紹介するストッパーは今迄御紹介していたタイプと違い       「両サイドから挟み込んで留める」タイプのストッパーになります。

櫛状のストッパーより痛くなくこのタイプをご使用しているユーザーは多いです。

又、櫛状のストッパーより自毛の保護ができる(抜けにくい)傾向があります。

このストッパーは仕入れたくても仕入れにくい業者で取り扱っている会社はごくわずかです。

関連記事

おすすめ記事

  1. フローレン銀座の運営母体、株式会社アイスリィーにて増毛エクステの無料講習をしています。

  2. シート状ウィッグ「シートマスター」でウィッグ使いの達人へ

  3. ウィッグやかつらの仕入に加えてアフターフォローもご一緒に

  4. アンダーヘアーウィッグ

  5. 育毛・健康のために付けるウィッグへ・・・。

  6. 空飛ぶウィッグ・・・。軽いウィッグへの挑戦。

ピックアップ記事

  1. ウィッグメンテナンスルーム

  2. ウィッグやかつらの仕入に加えてアフターフォローもご一緒に

  3. ウィッグ、女性用ヘアピース。軽さへの挑戦・・・。

  4. ウィッグ、かつら、増毛技術の勉強会。

  5. お客様の髪の毛、捨てちゃいますか?自毛で作成するウィッグ。

  6. ロングヘアーウィッグ

店内パノラマビュー

営業時間・情報

0120-58-1658
10:00 - 19:00
火曜日が定休日となります。
PAGE TOP