衆議院議員の堀井学先生とi-threeウィッグモデル武田さんとの夢の対談

こんにちは。
目まぐるしく情勢が変化する中、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

そんな何が起こっても不思議ではない中、あっと驚くようなニースが飛び込んできました。
なんと、元オリンピックメダリストで衆議院議員の堀井学先生とi-threeウィッグモデルの武田さんとの対談が実現しました。

堀井先生ですが、「イメージチェンジすべきだ」との地元の後援会長岩倉博文氏のアドバイスを受けて「かつらとスキンヘッド」の二刀流ならぬ「二頭流」デビューを果たされました。

スキンヘッドの堀井学・衆院議員がイメチェン、かつらとの「二刀流」宣言

 衆院議員の堀井学さん(50)が19日、北海道苫小牧市内で開かれた岩倉博文市長連合後援会の集会で、トレードマークのスキンヘッドをやめてかつらを着けて登壇し、出席者を驚かせた。

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220324-OYT1T50373/

読売新聞オンライン

奥様からのプレゼントとのことでしたが、弊社を選んでいただきとても光栄です。


YouTubeチャンネルも開設されておられますので、ぜひご覧ください。

スキンヘッドからかつらで“イメチェン” 決断した政治家の悩みとは…
「わたしはこれから”二頭流”ですから」
笑顔でこう話すのは、自民党の堀井学衆議院議員だ。94年に行われたリレハンメル五輪のスピードスケートで銅メダルを獲得し、その後政界に転身した。

「性格が明るくなったんです。おしゃれを楽しんでいて、変わりましたよね。堀井さんが”二頭流”をやることによって、みんなが『自分もやってみようかな』という感じで、毎日のネクタイを変えるようにヘアスタイルを変えるということになればいいなと思います。

https://www.fnn.jp/articles/-/351138?display=full

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンライン

また、今回堀井氏のかつらを作ったi-threeの井上代表は「正直最初は国会議員の方と聞いて驚きましたし、さらにかつらを“着替える”ことと同じ感覚で前向きに取り入れようとする様子に二重に驚いた」と話していた。

https://www.fnn.jp/articles/-/351138?display=full

FNNプライムオンライン

とてもお似合いで、二頭流議員としてのご活躍が楽しみです。

関連記事

おすすめ記事

  1. ウィッグ、増毛勉強会。

  2. ウィッグ、かつら、増毛を仕入れるまでの流れ。

  3. ウィッグの色にもレシピがあります。

  4. ウィッグの皮膚感

  5. ウィッグ、ヘアピース、増毛を通して。出会いの場。ビューティーワールド。

  6. ウィッグ、医療用かつら、ヘアピースを自然に見せるポイント

ピックアップ記事

  1. ウィッグ、かつら、増毛を仕入れるまでの流れ。

  2. AQUO スタンダードテープ – 激安バルク販売『かつら用両面テープ』

  3. ご遠方からのウィッグ、医療用かつらの注文の仕方・・・。

  4. 人毛だけのロングウィッグ

  5. 様々な医療用ウィッグ、医療用かつらの卸しをしています。

  6. ウィッグの重要な要素。軽さ。

店内パノラマビュー

営業時間・情報

0120-58-1658
10:00 - 19:00
火曜日が定休日となります。
PAGE TOP