理美容室で医療用ウィッグが必要なお客様がいたら。

理美容室で医療用ウィッグが必要なお客様がいたら。

サロンのお客様で医療用ウィッグを必要とするお客様がいたらどうしますか?

お客様のご家族、お知り合いでもそうです。

相談を受けたらどうするか。

カタログで選んで取り寄せる。

比較的リーズナブルですが、その分毛が縮れたり、不自然だったり。

もしくは、対応できない・・・とお伝えする。

そういったお客様はウィッグメーカーに行かざるを得ない。不安を抱えて。

長年お付き合いのあるお客様は担当されている理美容師さんに何とかしてもらいたいのでは?

髪の毛の悩みに応えられない理美容師さんであってはならないと思います。

リーズナブルなものも一つの選択肢。

でも、コストより自然観を優先するお客様もいるはずです。

選択肢を示して差し上げ、メリットとデメリットをお伝えする。

そして選んでいただく。

アイスリィーでは様々な商品を扱っており、理美容室の商品としてご利用いただけます。

長年お世話になったお客様を助けてあげてください。

面倒・・・。不安・・・。

我々がそのように思ったら、それはお客様に伝わります。

そして、常日ごろからそういったサービスもできるという事をお客様に発信してください。

そうでないと、お客様は”どうせ相談しても無理だろう・・・。”と判断し、ウィッグメーカーに行く。

そして満足できない状態で治療と向き合わざるを得ない。

そんなお客様が非常に多いんです。

お客様を大切に。

皆さんそう思い日々お仕事されているかと思います。

だからこそ、お客様がピンチになったときにヘアースタイルを再現する。

それが自毛であろうがウィッグであろうが関係ないですよね。

勿論、商品・技術・ご説明・アフターフォロー・・・。

お客様の自毛が再生し、ウィッグを外すことができるまで、万全の体制でバックアップいたします。

バックアップなど無しでご対応いただけている理美容師さんも非常に増えてます。

是非、これからの時代に必要な内容かと思いますので、準備を怠らないでください。

 

お問合せは

03-6264-4056

株式会社i-three

担当 水井

mailでのコンタクトはこちら

関連記事

おすすめ記事

  1. 風になびくウィッグ

  2. 美容師がすべきこと。医療用ウィッグ。

  3. ウィッグ、女性用ヘアピース。軽さへの挑戦・・・。

  4. 最高に自然なウィッグを作るために・・・

  5. 理美容サロンをウィッグや増毛で見た目を治療する病院に。

  6. コロナの”今”を利用して、ウィッグ・増毛の勉強をしてみませんか?

ピックアップ記事

  1. ズームにて、ウィッグ、増毛オンライン勉強会。

  2. ウィッグの生え際

  3. TBS 新・情報7daysニュースキャスターで紹介された新製品ウィッグ

  4. ウィッグ専門サロンにディフューザー

  5. ロングでも絡まない、もつれないウィッグの毛髪加工技術

  6. 新型コロナ緊急事態宣言、自粛期間を生かしてウィッグ・増毛の準備を。

店内パノラマビュー

営業時間・情報

0120-58-1658
10:00 - 19:00
火曜日が定休日となります。
PAGE TOP