理美容室でウィッグ・かつらを扱う際のお願い。

理美容室でウィッグ・かつらを扱う際のお願い。

 

 

理美容室でウィッグを扱われた理美容師さんも多いはず。

でも、是非プロとしてこだわった商品を提供してください。

カタログで選ぶ出来合いのものをお客様に・・・。

これは、薬局で買ったビゲンのカラー剤でお客様にカラーリングするのと同じことと考えます。

決してそんなことしないですよね。

希望の色と自毛の状態を考え、カラー剤を調合し発色を確認。

それがプロの仕事。

ウィッグも同じなんですね。

お客様の希望を叶えるために、手を抜かないでください。

そして、その技術や感性を安売りしないでください。

私たち理美容師のこれからを支えていく事の出来るメニューですから。

 

関連記事

おすすめ記事

  1. ウィッグ、増毛勉強会のご予約。

  2. ウィッグ、かつらの可能性・・・

  3. 東大病院『外見ケアイベント』に参加します(医療用ウィッグ展示)

  4. ウィッグの重要な要素。軽さ。

  5. ウィッグにさりげないお洒落を・・・

  6. ウィッグのアレンジ・・・

ピックアップ記事

  1. 理美容室でウィッグ・かつらを扱う際のお願い。

  2. 世界のウィッグ工場

  3. ウィッグモデル、武田靖さん。5つのかつらを持つ男。

  4. 風になびくウィッグ

  5. 3D増毛研究会の薄毛大学にて、弊社ウィッグ・かつらの情報を公開いたします。

  6. ウィッグ、女性用ヘアピース。軽さへの挑戦・・・。

店内パノラマビュー

営業時間・情報

0120-58-1658
10:00 - 19:00
火曜日が定休日となります。
PAGE TOP