医療用ウィッグ・・・サイズの加工が必要な理由

医療用ウィッグ・・・サイズの加工が必要な理由

IMG_0741

医療用ウィッグは使用するときの自毛の状態でサイズを大きくしたり、小さくしたり、、、という事が出来ないと非常に困るものです。

自毛があるけど、ウィッグを付けないといけない状態。

自毛が脱毛してしまっている状態。

自毛が生えそろっていく段階。

自毛がどんな状態でも違和感なく使用できるものをお奨めします。

以前、他社さんでサイズの問題により結局ウィッグを2つ購入することになったというお客様もいらっしゃいました。

コストなど考えるともったいないですし、ウィッグを切り替えることで多少イメージが変わってしまう事もあります。

先のことを予想してご用意されると良いかと思います。

弊社のウィッグは、自毛の状態により、フルウィッグ(全体ウィッグ)を部分ウィッグに加工することもできます。

中には、自毛が完全に再生した後も、白髪隠しで使用される方も少なくないんです。

勿論、他社さんのウィッグの加工も承っております。

是非、ご利用ください。

フローレンlogo

関連記事

おすすめ記事

  1. 勝塾にてウィッグ、かつら、増毛のプレゼンをさせていただきました。

  2. こんなオーダーも・・・

  3. 石田壱成さんのウィッグ・かつら作っています。

  4. 自毛にこだわるのは美容師の自己満足…

  5. かつら、ウィッグの卸し。

  6. ウィッグ、医療用ウィッグ、ヘアピースの取り扱い。

ピックアップ記事

  1. より自然なウィッグのため、今日も飛び回ってます。

  2. TBS 新・情報7daysニュースキャスターで紹介された新製品ウィッグ

  3. 2017年11月15日開催の東大病院「外見ケアイベント」について

  4. ウィッグ、かつら、増毛技術の勉強会。

  5. アイスリィー、ウィッグ技術者派遣 。美容室でウィッグを。

  6. アンダーヘアーウィッグ

店内パノラマビュー

営業時間・情報

0120-58-1658
10:00 - 19:00
火曜日が定休日となります。
PAGE TOP