医療用ウィッグ・・・。円形脱毛症。

医療用ウィッグ・・・。円形脱毛症。

円形脱毛症、医療用ウィッグ

円形脱毛症になった場合、まずはヘアスタイルを変えて自毛だけでカバーする方法を用います。

できるだけ地肌に負担を掛けない方法でスタートするのが基本です。

それでも隠し切れなくなった場合には、ヘアーファンデーションなどで頭皮の色彩をかえぼかしていきます。

それでも・・・という場合、今度は増毛でカバーしていきます。患部を隠すために利用する毛髪を増毛で増やしていきます。

できることならここまでで治癒していくのが理想です。

しかし、さらにカバーが難しくなった時に初めてウィッグを使用していくことになります。

勿論状況によっては大きなものでなくても大丈夫です。

画像のような小さなものでも、結構広い範囲をカバーできます。

小さすぎてもかえって患部に負担をかける場合もあるのですが。

とにかく完治するのが目標です。

それを一番に考えた方法をお奨めいたします。

その他にも、コストや生活環境・精神的な負担をしっかり考えたベストな方法をご一緒に考えて行けたらと思います。

 

フローレンlogo
お問い合わせ・無料相談・試着・カウンセリングは、フローレン・フリーダイヤル
0120-58-1658

※スマホからは番号タップで発信できます。
受付 10:00〜19:00/定休日 火曜

メールはこちらへ

お問い合わせ・ご予約

関連記事

おすすめ記事

  1. ウィッグの生え際

  2. ウィッグの毛髪。

  3. 医療用ウィッグ、ルシー。

  4. ウィッグ、、、でも自毛も大切に、、、

  5. 円形脱毛症の対処方法

  6. お客様の髪の毛、捨てちゃいますか?自毛で作成するウィッグ。

ピックアップ記事

  1. 横浜の美容室でウィッグの説明とお客様対応

  2. ウィッグの仕入れ。扱い方のノウハウ。

  3. 今話題の増毛方法

  4. ウィッグ、医療用かつら、ヘアピースを自然に見せるポイント

  5. ウィッグ、かつら、ヘアピース、部分ウィッグの即日(当日)修理

  6. 医療用ウィッグのメニュー化をお願いいたします。

店内パノラマビュー

営業時間・情報

0120-58-1658
10:00 - 19:00
火曜日が定休日となります。
PAGE TOP